早く治療する意識を持とう

歯科検診を受ければ安心

異常がなくても検診に行く

何か異常が起こってから、歯医者に行くものだと考えている人が見られます。
しかしそれでは、歯槽膿漏の発見が遅れてしまいます。
最もいい方法は異常が起こっていなくても、歯科検診に行くことです。
定期的に歯を診てもらえば、歯槽膿漏になっていた時すぐ気づけます。
できれば、1か月に1回は検診を受けてください。
どうしてもいけない時は、半年に1回でも構いません。

定期的に検診を受けることで、医師とコミュニケーションを取れます。
顔見知りになって、親しい関係なら何でも気になることや、困ったことを相談できると思います。
医師と、何でも相談できる仲になってください。
仲良くなっていれば、治療中も安心して身体を任せることができます。

歯槽膿漏を予防する方法

歯科検診の時に、歯槽膿漏にならない方法を聞くといいですね。
最もいい予防は、毎日の歯磨きです。
食後のあとに、歯を磨く習慣を身につけてください。
朝食と夕食のあとは、きちんと歯を磨いている人が多いと思います。
しかし会社に行っている人は、昼食の後の歯磨きを怠っている傾向が見られます。
歯磨きセットが販売されているので、それなら荷物になりません。

会社でも、歯を磨くことを意識しましょう。
また、液体歯磨きなどを使うのもおすすめです。
抗菌効果の高い歯磨き粉を、医師に聞いてもいいですね、
バイ菌が繁殖することが、歯槽膿漏の原因です。
口内から、バイ菌を除去できるように頑張りましょう。
すると、毎回の検診でいい結果を出せるはずです。